Twitterを日常的に見ている人やつぶやいている人は非常に多くなっています。

そんな中、普段何気なく見ているタイムラインの中で、すさまじいリツイート数やいいねがついているツイートを見かけることがあると思います。

俗にいう「バズる」という現象のことを指しますが、一体どうしたらそれだけの拡散数を稼ぐことができるのでしょうか。

そもそもいいねやリツイートは何のためにもらうのか?

Twitterをやっていて、いいねやリツイートをしてもらう意味はあるのでしょうか。

いいねやリツイートをもらいたい!と思っている方は、「自分のツイートを見てもらいたい」という理由に基づいて行動している事がほとんどです。

誰かに見てもらえることでTwitterを継続している方もいるでしょうし、見てもらうことで何かメリットがある場合もあります。

そういったツイートの拡散によって、最終的にはフォロワーが増えていくなど、いいねやリツイートをもらうことによる利益というのはさまざまな方向に見られます。

いいねやリツイートを実際に増やす方法

Twitterで実際にいいねやリツイートを増やす方法は主に

「ツイート数を増やすこと」「より長いツイートをする」「時間帯を見極める」

に集中しています。

Twitterはよりアクティブなユーザーの方が拡散されやすい傾向にあります。

ツイート数を増やすことはその目的に直結しているので、より多くのツイートをすることでいいねやリツイートなどの、他の人の目に留まる確率が上がります。

それと同じ理由で、長いツイートをするというのも同様の目的があります。

短い短文のツイートよりも、長文のツイートの方が手を止めてみてもらえる確率が上がるから、という理由でより長いツイートをするべきであると考えられます。

ただし、140文字の制限はあるので注意しましょう。

時間帯を見極めるのは非常に大切で、Twitterのアクティブ率が高い時間帯にツイートをすることで閲覧される確率が上がります。

どうしてもこの内容でいいねやリツイートが増えない場合は、自分からユーザーのツイートにいいねをしたり、逆にこちらからリツイートをすることによって自分のツイートが拡散される可能性も上がるので、そちらの方法も一緒に試してみることをおすすめします。

まとめ

いいねやリツイートをたくさんもらえれば、それだけ満足感も得ることができますし、モチベーションにつながる方もいると思います。

ぜひ、たくさん拡散してもらえるようなツイートを目指してみましょう。

おすすめの記事