Twitterで見かけることのある炎上とは?理由や原因のまとめ

Twitterを日々利用しているのであれば、一度は聞いたことがあるであろう「炎上」という言葉。

炎上自体はSNSでは起きやすく、日々のツイートや投稿には、より一層の注意を払う必要があります。

では、炎上とはどういった場合に起きるのでしょうか。

それに加えて、過去に発生した炎上案件はどのようなものがあるのでしょうか。

今回はこちらの内容についてまとめてみました。

炎上とはツイート内容が原因で起きる

炎上とは、一般的に見て問題のあるツイートや、批判を買いやすいツイートをすることによって発生する可能性が高くなります。

多いのは批判的な発言や誹謗中傷に関する内容で、ツイート内容に対して批判的コメントや、内容をさげすむようなコメントが殺到する状態のことを「炎上」と呼びます。

有名人や芸能人といった、俗にいうインフルエンサーには特に起きやすい炎上ですが、実は一般の利用者でも充分に起きる可能性を秘めています。

Twitterで炎上を防ぐには

TwitterはSNSの中でも特に炎上しやすいと言われています。

理由としては他のSNSと比較してリツイートなどの拡散をする方法が豊富であることや、個人情報を一切登録せずに匿名で利用できる点が挙げられます。

また、他のSNSと比べて使用できる文字数に制限が設けられているので、表現の方法などが炎上につながってしまう場合もあります。

炎上ツイートの一例

実際に炎上しやすいツイートにはどのようなものがあるのでしょうか。

過去の事例を元にいくつかピックアップしてみました。

アルバイトや勤務先などで迷惑行為を行う動画などを投稿する

ニュースなどでも話題になっている行為ですが、勤務先で不適切な行為を行ったり、飲食店などで悪ふざけを行う動画などを撮影し、ツイートとして投稿していた例があります。

こういったツイートは瞬く間に拡散され、メディアなどでも取り上げられるようになります。

目立ちたいという理由からこういったツイートをする方がどうしても出てきてしまいますが、炎上目的でツイートを行うと、最悪目立つどころの騒ぎではなくなる可能性があります。

犯罪や裁判にかけられてしまい、思わぬ社会的制裁を受ける可能性があることは念頭に置いておくべきでしょう。

ニュースや政治的な内容に対するコメント

これも炎上理由としては多くありますが、政治家などの発言に対する的外れなコメントや表現が炎上につながる可能性があります。

誰でもつぶやける場所とはいえ、発言内容には常に気を配るべきでしょう。

Twitterを楽しむためにも発言内容には気を付けよう

炎上ツイートを不意に行ってしまわないように、常に書き込みや投稿には気を付ける必要があります。

誰でも見れるようなところに投稿することになるので、モラルの低い発言は控えるように気を付けましょう。

おすすめの記事