Twitterを企業が使う意味は?企業アカウントのメリットについて

今や日常的にSNSというサービスは無くてはならないものです。

Twitterをはじめ、インスタやFacebookなど、多数のSNSサービスが普及している現状で、企業でもアカウントを作成して、プロモーション目的で使用しているところが多く見受けられます。

Twitterを企業が使用するメリットとはどのようなものがあるのでしょうか。

今回はこちらの内容についてまとめてみました。

企業がTwitterアカウントを運用する目的は

企業がTwitterを使用する目的はさまざまですが、多くは自社のプロモーション目的である事がほとんどです。

自社の製品を知ってほしい、自社のサービスやキャンペーンをもっと広めたい、そういった場合にTwitterなどのSNSに投稿をすることにより、多くの人に見てもらえる可能性が出てくるということです。

Twitterは多くの利用者がいるので、誰かが製品やサービスにはまってくれた場合に、その誰かが他のTwitter利用者に拡散を行うことにより、どんどん情報が広まっていくのが最大のメリットです。

Twitterを企業が使用するのであれば、自社のことに興味関心を持ってくれているファンを増やしていくのが最も効果的な運用方法です。

また、サービスなどを提供するにあたり問い合わせというのは絶対に生まれるものです。

Twitterのアカウントをサポートや問い合わせとして利用する企業も存在しており、よりユーザーや顧客に近い立ち位置で問題解決などをすることができるのもメリットといえるでしょう。

相手からの問い合わせを待機する姿勢でも問題ありませんが、Twitter上で困っている方や問題に直面している人に自分から発信していくことで、より企業のファンを増やすチャンスにもつながります。

有名になりやすい分、炎上には注意

企業アカウントは一般ユーザーのアカウントと比べて商品情報やサービス内容などで拡散されやすく、多くの人の目に留まりやすい性質があります。

そのため、発言や投稿内容にはより一層の注意を払う必要があります。

投稿内容が仮に炎上してしまった場合、企業の信用や社会問題にまで発展する可能性もあることから、企業アカウントでの発信を考えている場合は注意すべき項目であるといえるでしょう。

上手く使えばたくさんのメリットがある

Twitterで企業アカウントを運用するメリットは非常に大きく、上手くいけばたくさんのプロモーションをすることや、新規顧客の開拓にもつながります。

利用規約やルールに沿って、正しい運用を行うようにしましょう。

おすすめの記事